太成学院大学歯科衛生専門学校

カリキュラム

カリキュラム

授業内容授業内容

口腔解剖学実習

解剖というとコワいイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。身体の組織にはすべて名前があります。それらの名称を知らないと医療の世界で仕事はできません。単なる暗記にとどまらず、実際に歯の形を彫刻してみることで知識を確実にする実習です。

インプラント実習

最近、インプラントという歯科治療法が話題になっています。インプラントとは、歯の抜けたところに人工の歯を埋め込む高度な技術が要求される治療です。本校ではこの最新の治療に対応できるように模型を使って実習することで、インプラント処置に対応できる歯科衛生士の育成をめざしています。

微生物学実習

多くの病気は細菌に感染することで起こります。虫歯や歯周病もそうです。目に見えない細菌を見えるようにするには…?実際に細菌を使って実験をすると、医療現場の“なぜ?”がわかるようになります。口の中は細菌だらけということも実習を通して理解できますよ。

矯正学実習

歯並びはどうやって治すの?なぜ歯並びや噛み合わせが悪いと虫歯や歯周炎、歯周病の原因となるの?講義・実習・スライドを通して学びます。実習は歯科医院や病院で使われている実際の器具を使用して、歯科衛生士としてのスキルを磨きます。

生理学実習

歯科衛生士は血圧測定もする!?歯科医院に来る患者も成人病などの全身疾患を有する場合が多くなりました。病態を理解し、検査データの表す意味や正常値を理解し、患者の全身状態を把握しなければなりません。そのために血圧測定の実習も行います。

歯科保健指導

子どもたちの“どうしたら虫歯にならないの?”“なぜ歯をキレイにしないといけないの?”という疑問に答えられるのは歯科衛生士です。興味を持ってくれるように人形劇や紙芝居もします。その教材作りも大切な仕事。ドラえもんやアンパンマン、うまくできるかな。

学習の流れ学習の流れ

01 入学01 入学
さあ、気持ちも新たにこれからがんばりましょう。スタートラインはみんな一緒です。専門学校で学ぶことは、資格、職業に関する実学的なことがほとんどです。

02 入学オリエンテーション02 入学オリエンテーション
これから始まる3年間の学校生活に戸惑いや不安がないように、さまざまな情報をお伝えします。また、”新しい学校で友人ができるかな ”という不安が大きいかと思います。このオリエンテーションでは、友達つくりや教員との親睦も目的として実施しますので、安心してください。

03 授業開始03 授業開始
いよいよ、専門学校での学びが始まります。オリエンテーションでは、ノートのとり方のコツも教えますので授業にもスムーズに入っていけます。コツコツ小さな努力の積み重ねが、3年後には大きな成果となります。

04 基礎・応用・臨床実習04 基礎・応用・臨床実習
歯科衛生士に必要な技術を基礎から応用実践まで無理なく積み上げていきます。最新の実習設備で、繰り返し練習することで難しい技術も少しづつ、身に付けていきます。

05 卒業・国家試験05 卒業・国家試験
さあ、歯科衛生士免許取得の最終関門の国家試験。3年間本校で頑張ってきた自分を信じて合格にまっしぐら! ほぼ毎年の合格率は100%。また就職も国家免許なので、まったく心配なく全員が就職しています。平均求人倍率は、毎年10倍以上あります。

臨床実習例臨床実習例

本校では、3年間にわたる豊富な実習カリキュラムを通じて、より実践的な知識・技能の習得を実現しています。入学後すぐに体験する2泊3日の「オリエンテーションキャンプ」を皮切りに、2年次以降になると、小学生に直接歯磨き指導を行う「小学校保健実習」、歯科医院の現場で歯科医師や先輩歯科衛生士から指導を受ける「臨床実習」など豊富な臨地実習を用意。そのほかにも、3年次の「福祉施設実習」「保健センター実習」など、多彩な実学実践のカリキュラムを用意しています。また、新しい器具を使用する前、臨床実習に入る前など次のステップに進む際には必ず実技試験を実施して十分な能力が身についているかを確認するなど、毎日の学習の中で確実に力をつけることができる教育体制を整えています。

1年次 基礎力を固める

講義や基礎実習を通じて、歯科衛生士に必要な基礎力を身につけます。基礎実習では実際の歯科医療の現場で使用されている機器・材料を用いて、バキューム操作、器具の受け渡し、ライティングなど基本的な「診療補助」業務や、ミラーテクニック、口の中の歯肉状態確認などの「予防処置」業務を学びます。
  • 1.2.3年合同実習
  • 秋のレクリエーション
  • 7月期試験
  • 11月期試験
  • 12月試験
  • 2月期試験
  • オリエンテーションキャンプ(2泊3日)
  • 解剖学実習(大阪歯科大学)

2年次 応用力を養う

11月の「戴帽式」でナースキャップと博愛の灯をいただいた後、いよいよ臨床・臨地実習がスタート。一般歯科などでの実践的な授業・実習を通じて、これまでに身につけた知識・技術を実際の医療の現場で生かすことができる実践力と応用力を身につけます。
  • 1.2.3年合同実習
  • 7月期試験
  • 歯科医療事務検定
  • 豊中小学校保健活動
  • 太成学院天満幼稚園 フッ素塗布実習
  • 診療補助まとめ実習
  • 10月期試験
  • 12月期試験
  • 1月期試験
  • 2月期試験 など

3年次 実践力で目標達成

2年次に実施した一般歯科への実習から一歩踏み込んで、矯正、口腔外科など専門的な歯科医院での臨床実習も開始。より高度な知識や技術、そして患者さまへの心づかいを総合的に学び、即戦力として活躍できる力を身につけます。また、12月からは国家試験対策も本格的にスタート。これまで着実に積み重ねてきた学びを国家試験で発揮します。
  • 8月期試験
  • 10月期試験
  • 1.2.3年合同実習
  • 保健センター実習
  • 保護者・ご家族参観実習
  • 予防処置まとめ実習 など
  • 保育実習(太成学院天満幼稚園)
  • DES夏期講座(基礎編)
  • 福祉施設実習